消費者動向

消費者がサービスや商品に価値を認め、お金を払う。

 

これで初めてビジネスが続くです。

 

もし目線が消費者に向いていないビジネスだと、ビジネスはビジネスではなく、単なる自己満足に終わってしまいます。

 

以前、元Jリーガーでその後リクルート社でトップ営業マンに上り詰めた方から伺ったお話で、

 

その方から学ばせて頂いたのはズバリ

 

「消費者動向」

 

です。

 
買い物
 

消費者が何を欲しているのか?

 

それは絶対不可欠なものか?

 

あれば欲しいものか?

 

それとも自身すら気づいていないニーズなのか?

 

どんな属性を持った消費者がどこにいて、どこで購買して、どのようにお金を払っているのか?

 

一口に動向を把握するといっても、押さえるべき情報は多岐にわたります。

 

例えば携帯ショップ。

 
携帯2
 

携帯ショップって無人受付機がありますよね。

 

これは特定の個人情報を直接教えたくない、携帯料金支払いの用件を周りに知られたくないというニーズに応えて設置されているそうです。

 

また、部屋選び選びを感覚で携帯を決める消費者が増えており、これに応えるようなアピールの仕方も携帯販売でなされています。

 

機能、スペックなどに強いこだわりを持っていたに方は、スタイリッシュ、カワイイといった感覚的な言葉に惹かれる人が多いとのこと。

 

どっちかというとファッションに近い。

 

携帯ショップや不動産サイトを見比べてみると、確かに似ている・・・納得です!

 
お金
 

もちろん、ニーズも生き物で常に変わるもの。

 

動向は文字の通り、常に動いていますのでキャッチアップが必要です。

 

そう言えば私も、20代半ばはこうした消費者の動向に沿った不動産+広告の不動産メディアというビジネスモデルを構想していました。

 

懐かしいですね。

 

以上、大禅ビル(福岡市 天神 賃貸オフィス)からでした。

 


Top

© 2012 - 2020 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.