排水溝の修理

ビルメンテナンスにおいて大事な作業の一つが

 

「水漏れ対策」

 

です。

 

特に近年は今までに想像できないような大雨が降ることもしばしばでして、

 

大雨はビルに強いストレスを与えるため、

 

ちょっとしたひび割れの隙間からでも水漏れが発生してしまうおそれがあります。

 

大禅ビル(福岡市 天神 賃貸オフィス)では自社管理のもと、即時かつ丁寧なメンテナンスを心がけておりますが、

 

ビルも人と同じく歳をとるもので、大禅ビルでも年に1、2回は水漏れの対応をしています。

 

室内の水漏れ発生箇所の対処は、前回までのコラムでご紹介した通りですが、

 

倉庫の水漏れの大本の原因!これを解決しないことには、その場しのぎの対処療法で終わってしまいます。

 

水の浸入源はどこか?

 

探っていくとたどり着いたのはビル屋上の倉庫の上。

 

ここの排水溝に破損が見つかったのです。経年劣化と思われます。

 

そしてビル外壁にもひび割れ(クラック)が・・・。

 

ここからの水の浸入が主原因と思われます。

 

水の浸入による悪影響は、短期的には居住性や、壁紙・内装といった美観、長期的には建物内部の鉄筋を錆びさせ、破損に至らしめます。

 

安全という建物にとって最も重要な機能を損なう被害に繋がりかねないのです。

 

と分かれば早速水漏れの補修工事です。

 
排水溝
 

破損した排水溝を取り替え、補修し、ひび割れはシーリング注入で対応です。

 
排水溝
 

毎度ながら、職人さんたちの鮮やかな手さばきに感動・・・。

 

きっとこうした補修工事を数限りなくやってこられたのでしょう。

 

人間と同じように、建物も経年や環境で怪我や病気に罹ります。

 

だとすれば職人さんたちはまさに「建物のお医者さん」といったところですね。

 

そうこうしているうちに補修工事もバッチリ完了です!

 
排水溝
 


Top

© 2012 - 2020 大禅ビルオフィシャルホームページ  All rights reserved.