大禅ビル裏の防水工事―事前段取り

ビルの屋上や外壁は雨水と紫外線が直接当たるため傷みやすく、定期的なメンテナンスが必要となります。

 

防水工事はそのメンテナンスの一つです。

 

工事の種類はいろいろあって、アスファルト防水、ウレタン防水、シート防水、FRP防水などがあり、

 

その中から建物の構造や形状、現在の防水の種類などに応じて最適な種類と工法を選ばなければなりません。

 

もちろん予算を考えながらですが、最終的に重視するはやはり品質ですね。

 

放置すれば劣化箇所から建物内に雨水が侵入し、水漏れや骨材の腐食を起こしてしまう危険性があります。

 
大禅
 

雨漏り工事というと、一般の方はひび割れの上から塗装しておけばOKでしょ?

 

くらいのイメージかもしれませんが、きちんと補修工事をした上で塗装しないと再び雨漏れが起こります。

 

また雨漏りの原因は一箇所とは限らず、複数箇所が原因である可能性もあるので、しっかりと現地調査・診断をする必要があります。

 

ということで、大禅ビル(福岡市 天神 賃貸オフィス)の裏側の防水工事です!

 
大禅
 

普段あまり目にしない分、要メンテナンスのサインを見逃しがちなエリアです。

 

今回は弊社取引先である一級建築士の方がビル裏側の土台部分の不具合に気付いてくれました。

 

もし、このまま放置していたら、水がどんどん溜まってビルの安全性に悪影響を及ぼす可能性があったとのこと・・・。

 

メンテナンスのチェックは欠かさずやってきたつもりですが、レトロビルである分、やはりもっと隈なく丁寧に、専門家も交えてチェックすべきだったと反省。

 

備えあれば憂いなし。

 

ビルメンテナンスも先読み、予防が大事だと痛感した次第です。

 

早速業者様に防水工事をお願いすることにいたしました。

 

次回は引き続きビル裏側の防水工事についてご紹介していきます!

 
大禅
 


Top

© 2012 - 2019 福岡市 舞鶴 賃貸オフィス 大禅ビル  All rights reserved.